<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

茗荷(みょうが)

今年も我が家のやぶの入り口に、みょうがの葉が群生しています。
薬味に、てんぷらに・・と取りに行ってみると、
あちこちにのぞいています。

a0045931_1762683.jpga0045931_177787.jpg
















    葉っぱはしょうがにそっくり            花が咲いたのは苦いのでパス
a0045931_17124018.jpg

             たくさん取っても食べきれないので程ほどに・・・・
             少し残して後は梅酢づけに

以前近所の方に、どうぞと言ったら、これ以上物忘れがひどくなったら困るので・・との返事
いまだに迷信を信じている人もいるのだ・・と、内心おかしかったことが思い出される。

むか~し、むかし、自分の名前さえよく忘れるおぼうさんがいたとか。
そこで名前を書いた札を首にぶらさげていた。
亡くなった後、そこに生えたので<茗荷>の名前をつけたのが由来らしい。

夏は茗荷で食欲不振をぶっとばせ!  (食べなくても不振はないか・・・)

a0045931_17405236.gif

             ぼぼも、ショートカットで夏を乗り切ります
a0045931_17455212.jpg

[PR]
by taya10232005 | 2006-07-26 17:48 | Comments(9)

水難事故発生?

今降り続く雨の為、列島のあちこちで被害が続出している。
土砂くずれで、亡くなられた方もおられ胸が痛い。

実はきのう我が家の家族が水の事故で危うく命を絶つところだったのです。
夕方庭に出たのを見て、門がしまっているのも確認し、私は家の中へ。
どれ位時間がたったろうか、いつも遊んだら中に入れてくれと網戸をガリガリするのだがそれもない。
庭にいた夫に聞いても「おらん・・」
あわてて庭にでるとなんと門があいて、外で夫がコードを引っ張ってなにかしらやっている。

それから二人で呼び続け探していると、「おった、おった」
なんと畑のそばの溝に落ちて、首から上だけだして声も出さずじーと見ている。
立って必死で頭を出していたのである。

すぐ溝に降り助け、私は抱えて風呂場へ直行。
ガタガタ震えているがすぐには湯が出ない、私にしがみついて離れない。
なんとか洗ってバスタオルで包んでやる。
ドライヤーで乾かしていると元気がでてきたのかタオルをかもうとしてくる。

もう少し気がつくのが遅かったら・・・と思うとかわいそうで抱きしめた。
必死で側溝のふちへ立って誰か来るのを待っていたのだろう・・・
午前中は道の高さまで水があったのだ、神様ありがとう!

         夜には忘れたようにいつもの元気が・・・
a0045931_1285810.jpg

        「ちゃんと門を締めとかないからよ」
        「庭に出したらちゃんと見ておけ・・」
         なんの話か?・・とこっちを見ていた
[PR]
by taya10232005 | 2006-07-20 12:17 | Comments(11)

すける

<すける>
岡山の方言で、置く(物を置く)という意味である。
私なんか、しょっちゅう「そこへ、すけといて・・・」と使っている。

夫がまたまた燈籠を据えた。
これで3基目!  いいかげんにしてくれー・・・と言いたい、いや言った。
自分で石を違う場所に集め、言い出す機会をねらっていたらしい。

かくして先日無事頭の石をすけた。
朝といわず、夜といわず眺めている。この暑い時に・・・
a0045931_1002386.jpg
                                  これが今回設置したもの
山燈籠と言うらしい
塀の外へ・・・





a0045931_109255.jpg



           これは18年前のもの
           つくばいの側へ




a0045931_10144648.jpg



                                   これは高さが2メートル以上ある
昔からある井戸の側へ







今度また4基目をと言ったら・・・
「私と燈籠のどっちを取る?」・・・

      気分直しに、かわいい<すけた>ものを載せることにします
a0045931_10284327.jpg

          ぼぼの背中に見事なしっぽをすけたバックスタイルです
          私には、こっちのほうがよっぽどすばらしい?   
[PR]
by taya10232005 | 2006-07-15 10:44 | Comments(10)

きゅうちゃん漬け

a0045931_10562384.jpg

      半日か一日、時間が取れる日にどうぞ・・・
      時間と力が必要です。でも簡単!
a0045931_1141293.gif

【材料】きゅうり  10本程度(あまり太いとカリカリ感がないので)
    しょうゆ   250cc
    みりん    200cc
    酢       50cc
    しょうが    一かけ
【作り方】
1. 熱湯の中にきゅうりを丸ごと入れ、そのままさます(3~4時間かかる)
2. さめたら水をきり5~8ミリの厚さに切る
3. 一握り程度の量づつ、ふきん(タオル地より手ぬぐい状が良)で3~4回 よ
   くしぼる
4. しょうゆ・みりん・酢を沸騰させた中にしぼったきゅうりを入れて、5分煮る
5. きゅうりを網杓子でざるにとりさます(30分程度)
6. 煮汁を沸騰させ、さめたきゅうりを入れて、5分煮る
7. またざるにとりさます
8. 3回目は煮汁の中に、しょうがの千切りをいれふっとうさせ、5分煮る
9. あら熱がとれたら、網杓子で容器に入れ冷蔵庫でよく冷やす(煮汁につけた           ままだとしょうゆ辛くなってしまう)
a0045931_11421077.gif

            味はお好みで次回から加減してください
            感想まってま~す

  
    
[PR]
by taya10232005 | 2006-07-07 11:43 | Comments(18)

主婦の見せ場や!

    3、4年前だったか、夏、我が家のきゅうりが豊作で、勿体無いと思いながら古い
    ものから処分していた。
  
    このことを、お隣の奥さんとお話していたら、「きゅうちゃん漬けを作ってみたら・・・」
    と、レシピをいただいた。

    これがおいしいこと!!
    店で売ってるのにひけをとらない、イヤ、それどころか添加物が入っていないので
    後口がいい!

    こうしてその年は、たしか5回ほど作ったかもしれない。
    さし上げた人からも、予約があったほど・・・・
    
a0045931_1136762.jpg
 
                 かくして・・・ことしはこれで3回目。
   
               あまり、他人様に自慢することがない私だが
               この時期は、私の見せ場ヤーー
    
               ・・・・・・と、いうことでもないが・・・・
               亡くなった舅が20年程大事にしていたものが
               今勢いよく茎をのばしている。

               10月ごろには玉のようなピンクの花を咲かせてくれる。
a0045931_11492599.jpg

                 そう!! 名前は <ミセバヤ> おそまつ!
a0045931_11521168.jpg

               



     
[PR]
by taya10232005 | 2006-07-06 11:53 | Comments(10)