静かな別れ

3月11日(水)

  別れにはいろんな別れがあります。
  
  ぼぼの散歩でよく出くわした男性がいらっしゃいます。
  いつも「お~~よしよし・・・」と足を止め優しくなでてくださる。

  糖尿病で運動は欠かせないとか、あまり口数は多くない。
  
  先日救急車で病院へ運ばれたと聞き心配していましたが、
  その方が亡くなられた連絡がありました。

  きょうは、お別れの式があります。
  70歳にも達していない方でした。

  穏やかで誰にでも優しい性格の方らしく、静かにいかれました。
 
a0045931_13232311.jpg

[PR]
by taya10232005 | 2009-03-11 13:25 | Comments(10)
Commented by cyaa8989 at 2009-03-11 17:48
3月、4月は別れの季節、また巡りあいの季節で好きな月です。
この別れはいづれ大きく成長した友との再会の楽しみもありますが
永遠のお別れは身近な人程せつないものでしょう。
人間生まれたと同時に皆、死に向かって歩いているのでしょう。
寂しくなるお別れでしたね。
Commented by michiko at 2009-03-11 17:59 x
驚きですね。 身につまされます。
3月になりお見送りした2人のことを思い出しました。
この時期は体調不良になるんですよね。
天国でもお散歩できますョうに~~~合掌
Commented by tomochi112 at 2009-03-12 00:18
先月お隣のおばあちゃんが亡くなりました。
102歳の大往生でしたが、70歳にもなっていない方との別れは辛いですね。
これから散歩で会えないと思うと寂しいですね。
水仙をそっと飾ってお見送りされたのですね。  合掌
Commented by taya10232005 at 2009-03-12 09:41
cyaaさん、昨年の終わりごろから何人もお見送りしました。
毎日のようにお会いしていた人と、急に会えなくなるのはつらいですね。
きのう息子さんが「医者がびっくりするするほどの数値だったそうです」と言われたそうです。
糖尿病はこわいですね。
Commented by taya10232005 at 2009-03-12 09:48
michikoさん、私達の年代になるとこうしたことが増えますね。
なぜかいい人ほど早くいなくなってしまってるようで・・・
これからは毎日を楽しく送り、又送れることを感謝しないといけませんね。
きっと天国でもあの優しい顔で散歩されていることでしょう。
Commented by taya10232005 at 2009-03-12 09:57
tomochiさん、今は70歳でも元気で働いている人は多いでしょう?
やっぱり糖尿病は怖いですね。
この方はかなりすすんでいる状態だったようです。
それでもいつも散歩で会えば優しい顔をしてぼぼをなでてくださっていました。
私たちも予備軍にならないようにしなければね。
いつものあたりで会えないのはやはり寂しいです。
水仙をすこしアレンジしてお供えしました。
Commented by usatyu4 at 2009-03-12 17:24
こんばんわ 糖尿病の人の話はよく聞きます。やはり怖い病気なのですね。寝たきりになることを思えばよかったのかも知れませんね。他人事ではないです。私も気をつけようと思います。
Commented by taya10232005 at 2009-03-13 09:49
usatyuさん、糖尿病はそのものより合併症が恐いといいますね。
きっとこの方もそうだったのだと思います。
一度なってしまうと一生付き合う病気とか、お互い気をつけましょうね。
Commented by michiko at 2009-03-14 21:41 x
こんばんわ!
今日は来客がありイカ飯を作りました。
しめじをいれてみました。 もっちりとご飯も柔らかく出来嬉しかったです
教えていただきあとうございます。
お客様も美味しいと全部食べてくださいました。
病み付きになりそうですわ!  お礼まで。
Commented by taya10232005 at 2009-03-15 09:52
michikoさん、パチパチパチ・・・
失敗は成功のもと!おいしいいか飯で話も盛り上がったでしょうね。
しめじもいいでしょうね、私もまたしてみます。
わざわざごていねいに・・・m(__)m
<< 白斑孔雀椿 倉敷雛めぐり >>