木堂の心

12月12日(金)

先だって、我が家に埋もれていた犬養木堂の書と思われる額を、学芸員の方が
見てくださり、書かれている言葉の意味を調べてくださいました。

a0045931_1256766.jpg


a0045931_12572568.jpg


木堂は中国を含めいろんな分野から言葉を引用し、書にしたためた人らしい。
庄屋の次男に生まれ、私生活では全く無欲の人物と言われる。
この言葉も自分より社会をより良くしたい気持ちからかもしれません。

真贋のほどは鑑定されていませんが、落款2個とその書かれた書風の時期は
記念館に保存しているものと一致するものでした。

結果、我が家で埋もれるよりその価値を大事にしてもらうことを選び、記念館に
寄贈することで二人の意見が一致しました。
[PR]
by taya10232005 | 2008-12-12 13:14
<< 1年間ありがとうございました 袖垣 >>