犬養木堂

10月14日(火)

第29代内閣総理大臣で、五・一五事件で将校の凶弾に倒れた犬養木堂

エッセイストの安藤和津さんは孫にあたり、元国連難民高等弁務官の緒方貞子さん
曾孫にあたることはよく知られています。

近くには生家もあるし、幼い頃勉学に通った犬飼松窓(儒学者)の自宅跡も近くにあります。
その関係でこのあたりは犬養木堂に関する書などがある家も少なくありません。

我が家も以前からあったものの、家族は皆関心がいまいち・・・
亡くなった舅が新聞紙で包み、家を建て替えるときは邪魔者のように放られ、それからも長い間
埃をかぶっていました。

先日たまたま目に入り黄色に変色した新聞紙をとるとこれがでてきました。

a0045931_9425795.jpg

               「發揚美風」 ?
a0045931_951163.jpg
        

このままにしていて、もし本物であればご本人に
失礼にあたると思い、先日記念館へ写したカメラを
持って行き見ていただきました。

落款は100以上もあるそうで、調べるとピッタリの
ものがありました。

書かれている意味も調べるので後日現物を持参して
ほしいと言われる。

表装がボロボロなので恥ずかしいが、場合によっては
新調することになるかもしれない。
もしそうなれば相当な出費?・・・とんだものを見つけてしまいました。
[PR]
by taya10232005 | 2008-10-14 10:02 | Comments(11)
Commented by michiko at 2008-10-14 17:22 x
家宝ですね。 表装直せば立派なものにないますわ!
大切にしてください。
意味が分かれば嬉しいですね。 私も心待ちしています。
大昔の額でも左から書いたのですね。
我が家にある古いものは右書きが多くて間違い易いですわ!
Commented by cyaa8989 at 2008-10-14 21:34
今ちょうど開運なんでも鑑定団を見ています。
評価はいかがなものでしょうか?
お宝は大切に受け継がれていくといいですね。
結果を楽しみに待っています。
Commented by tomochi112 at 2008-10-15 00:16
凄いお宝があったのですね。
修復すると きっと立派なものになりますよ。
意味は分からないけど、「風美揚發」と書かれているのかな?
楽しみに待っています。
Commented by cyaa8989 at 2008-10-15 08:50
昨日宮沢賢治の手紙72通、一億八千万でましたね。
今迄で最高額?
ある所には貴重なお宝があるものですね
Commented by taya10232005 at 2008-10-15 10:51
michikoさん、本物となればこのまま置いておく訳にもいかないでしょうね。
私はそっちのほうが気になって・・・
michikoさんのお宅にも骨董がいろいろありそうですね。
Commented by taya10232005 at 2008-10-15 10:58
cyaaさん、記念館の学芸員は内容は調べても本物か偽物かの鑑定はできないそうです。
その鑑定はだれにしてもらうのか・・・それも考えないといけないんですよ。
ましてや評価などは無理だと思います。
それこそ「なんでも鑑定団」に頼みたいけど、木堂の作品はいたるところにあるみたいです。
エッ!!一億八千万??なんと!
私は18万でもうれしいわ(笑)
Commented by taya10232005 at 2008-10-15 11:05
tomochiさん、木堂の書はかなり残ってるみたいですよ。
でも我が家のように新聞で包まれ物置の隅で埃をかぶってるケースはないでしょうね(笑)
猫に小判・・・とはこのことでしょうね(>_<)
文字の意味がわかったらお知らせしますね。
Commented by usatyu4 at 2008-10-15 13:36
こんにちわ このようなブログを見ると思い出してしまうのですが、我が家にも昔骨董品があったのですが、私が古臭いからと思って捨ててしまいました。今にして思えば・・・・・・です。しかししまう所もないしねえ~
tayaさん鑑定待ちですね。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-10-16 11:48
犬養さんの直筆ですねー
すばらしい、力のこもった筆
私どもにはかけないなー
パソコンで打ち込むことになれてしまっています
でも
この文章も家宝になるかもしれませんよ
うそ!
うふっふ
今日もスマイル
Commented by taya10232005 at 2008-10-16 13:20
usatyuさん、物の価値観は人それぞれですよね。
備前焼でいえば無名でも自分にとってすばらしい作品はそれはそれで宝です。
有名な作家の作品は手が出ないほどの金額だけど欲しいとは思わない・・・
大事なのはいとおしくいつまでも大事にする気持ちが沸くかどうかではないかと・・・
又書かれてる意味がわかったらお知らせしますね。
Commented by taya10232005 at 2008-10-16 13:24
kawazukiyoshiさん、大きな仕事をやり遂げた人の字は魂がこめられていますね。
凡人の私には到底無理なことです。
<< 見せ場と言えば・・・ かほり >>