別離ーわかれ

6月6日(水)

a0045931_15444419.jpg


  きのう、新聞で友人が亡くなったことを知りました。

  20数年前、同じ趣味で知り合い、その後、厳しい師のもと、教えることの難しさを

  身をもって経験した仲間でした。

  2~3年に一度会って、当時の仲間数人で思い出話をしながら、食事をしていましたが、

  今年あたり連絡を・・・と思っていた矢先のこと。

          彼女は、知り合って間がない頃、夫をがんで亡くした。
          それからも、仕事に、趣味に、そして自分を磨くことにも積極的だった。

  最近は、子供も独立し、一人暮らしだった為、付き合っていた友人への連絡も
  難しかったのだろう。

  見送ってあげられなかったので、友人達と彼女の思い出話をしてあげることにした。

  61歳の彼女を送るのは、なんとしても悲しい。
  息子さんとの電話では、病気だったとか・・・詳しく聞くことはしなかった。

  あさっては、泣かずに話ができればいいが・・・
[PR]
by taya10232005 | 2007-06-06 16:10 | Comments(8)
Commented by tomochi112 at 2007-06-06 23:49
まだ若い友人との別れは悲しいことですね。
それも新聞を見て知るなんて、さぞ驚かれたことでしょう。
お友達と思い出話をしてあげることが、なによりの御供養になりますよ。
ランチでもいただきながら明るくね!
Commented by cyaa8989 at 2007-06-07 07:58
tayaさんのお友達を偲び懐かしむ思いが、6月の花雨に似合う紫陽花
の色にでています。
今お友達の想い出は、霞のようにぼやけてみえますが、
またいつの日か仲間と集うとき楽しい話題となって、いい歳を重ねていけますよ。

同窓会名簿が送られ、同級生が亡くなっているのを見ますと
いつの間にか何十数年経過し、先を考えさせられます。
有意義に過ごせたらと・・・・・・。
Commented by taya10232005 at 2007-06-07 09:05
tomochiさん、毎日目を通す欄ではないのですが、彼女の名前がいち早く目に入りました。数年前にも、中学高校と一緒だった同級生の名前を見つけ何度も何度も確認したことがあります。
私をそこへ導く何かがあるのかなぁ・・・と思ったりします。
明日は、お互い気持ちがわかりあえる仲間で、明るく思い出話をしてきます。
Commented by taya10232005 at 2007-06-07 09:14
cyaaさんのコメントを読んで思い出しました。
一人暮らしの彼女は、花も大好きで、最後にお邪魔した時庭でアジサイが咲いていたのを思い出しました。
彼女は人間的にもかわいいひとで、「まつ毛、カールしたのよ」と、おどけていたのを思い出します。
あらためて、一日一日有意義に楽しく過ごしたいと、思いを強くしました。
Commented by michiko at 2007-06-07 19:41 x
驚かれたでしょうね。お友達を無くすことは寂しいです。 彼女をしのびながらおしゃべりしてきてください。お坊様が、「亡くなった人は生きている人たちが楽しく健康で暮らしてくれることが一番喜ばれますよ」と言われた事があります。ご冥福お祈りしています。
Commented by horisam at 2007-06-07 19:55
急な別れも、覚悟の別れにしても、悲しく寂しいもの。
早くにご両親を亡くされた息子さんもお気の毒ですね。
私達もあとどのくらい生かされるのか分かりませんが、心して日々を過ごさねばと思いました。
Commented by taya10232005 at 2007-06-08 12:40
michikoさん、ありがとう。今晩集まった仲間と楽しく彼女の思い出話をしてくるつもりです。いつも明るく振舞っていた彼女も、きっとその方が喜んでくれると思いますので。
Commented by taya10232005 at 2007-06-08 13:00
horisamさん、昨年から、身近な三人との別れが続きましたが、皆急な別ればかり。おっしゃるとおり、心して日々を過ごさないと痛感しました。
彼女の夫が亡くなった後、娘さんが大学へその下が息子さんだったので、大変だったと思います。
でもいつ会っても、若々しく、さわやかでした、いつも前向きな彼女を見習わなければ・・と思っていました。
<< Time   is   money 紫の御殿? >>