白い沈丁花

3月9日(金)

a0045931_19425371.jpg

       散歩の途中、ご近所の裏庭で咲いている白い沈丁花を見つけました。
       たまたま奥様がいらっしゃって、写真を撮らせていただきました。
 
       奥様いわく、「白い花だったのに、最近一枝だけ赤い花になったんですよ」
       エー?
       ほんとうだぁー!
       もう一つ不思議なのは、表の庭にあるのも、一枝だけ赤だとか・・・
a0045931_1959433.jpg

      そういえば、ツツジや椿に一枝だけ色が違う花が咲くってことありますねぇ。
        
[PR]
by taya10232005 | 2007-03-09 20:03 | Comments(4)
Commented by tomochi112 at 2007-03-09 21:31
満開に近い沈丁花の花に、ピントが合ってきれいに撮れていますね。
赤いのに比べると白いのは開花が遅いようで、深山公園にたくさんある沈丁花も赤い方が早く咲いていました。
一枝だけ色が違うのは何故かしら?不思議よね~。
わが家の赤い沈丁花に白い花が咲いたら嬉しいなー。(^^)
Commented by cyaa8989 at 2007-03-10 08:13
ぼぼの散歩中いろんな発見・出会いがあるようですね。
白色の花は清楚でいいですよね。かすみそうの白・木蓮・こごめ花・・・・
沈丁花の白も初めて見たとき感動しました。一枝頂いて挿し木をしたのですが、枯れてしまいました。
原種の色が長年の間に出てくるのでしょうか?
Commented by taya10232005 at 2007-03-10 14:26
tomochiさん、携帯をかまえてても、ぼぼがリードを引っ張るのでなかなかピントが合わないjのですが、これはまあまあ・・でしょ?
それにしても、不思議ですよね。
あじさいなんかは、土壌によって色が変わるのでそうかなぁ・・・と奥さんは言ってましたけどね。
Commented by taya10232005 at 2007-03-10 14:42
cyaaさん、私は白い沈丁花初めて見たんですよ。
あまり珍しくもなかったんですね(笑)
おっしゃる通り、ぼぼと散歩を始めていろんな発見、出会いがありますよ。
長い間お会いしていなかったご近所の方にも会ったりします。
その時ぼぼがコミュニケーションの助けをしてくれて、いい感じの雰囲気に・・・
愛想が苦手な誰かとちがって、よっぽどぼぼの方が頼りになります。
<< 春蘭一種 居心地がいい場所 >>