楯築遺跡(たてつき いせき)

2月28日(水)

きょう、久しぶりに<<楯築遺跡>へ上がってみました。
少々寒かったが、ぼぼを連れ散歩がてら訪れた。

弥生時代後期に作られた、全国最大の墳丘墓です。
吉備津彦が<温羅>と戦った時、矢を防ぐ為に築いたという伝説の石があります。

昔は何度となく行ったが、最近は訪れることもない。

どうして行く気になったかというと、先だってテレビで宇崎竜堂さんが案内役になり、
有名な造園家<重森三玲>の足跡をたどっていました。

彼は故郷の賀陽町へ帰ると、必ずここ<楯築遺跡>を訪れたという。
安らぎを与えてくれる何かがあったのでは・・・

そこで改めて、訪れた次第です。

a0045931_20232278.jpg


a0045931_2024893.jpg



これらの由緒ある石に上って、
わが夫たちは、遊んでいたとか・・








a0045931_20284836.jpg




うすい大きな石が、天を突くように
立っています。










                帰りの道端にもう矢車草が・・・
a0045931_20341640.jpga0045931_20344877.jpg
[PR]
by taya10232005 | 2007-02-28 20:38
<< 居心地がいい場所 RSKバラ園の梅 >>