一番ホッとする一日です。

2月27日(月)

 
  きのう、発表会が無事(?)終わりました。

  三味線6曲、お囃子2曲、唄1曲。


  きょうは、好きなカモミールティーを飲まなくても、美味しいスイーツがなくてもホッとできる一日でした。

      でもでも・・・三味線伴奏していて唄い手さんが、いきなり唄が出ず止まってしまった。

      どこから出直しか、唄い手さんの気持ちが伝わらない・・・

      伴奏をやめると唄い手さんの失敗を会場にはっきり知らせてしまうことに・・・

      どうか合わせてほしいと願いながら、少しもどって間奏から始めた・・・

      唄が続いた・・・よかった! バチが軽くなった瞬間だった。


    
       3歳の男の子もデビューでした。6歳のお兄ちゃんがサポートです。三味線はお父さん。
a0045931_19274446.jpg


            お母さんの唄には、お兄ちゃんが元気なお囃子で盛り上げました。
a0045931_192938.jpg


a0045931_19292050.jpg


            私とは別のグループの合奏です。
a0045931_19302948.jpg




      

  
[PR]
by taya10232005 | 2012-02-27 19:35 | Comments(12)
Commented by cyaa8989 at 2012-02-27 22:10
緊張の一日なのですね。
新鮮な気持ちで向かっているからなのでしょうか?
いつもなら気持ちをほぐしてくれるカモミールティーも要らない。
緊張と脱力がいいバランスなのかも知れませんね。

一場面を創っていく駆け引き、相手の呼吸をさぐりとり
導き出せるなんて、素晴らしい話で感動しました。
Commented by usatyu4 at 2012-02-27 22:39
こんばんは  更新が空いているから、・・・・と心配していましたが、
発表会が迫っていたのですね。多分家で練習をされていたのだと
思います。いつもながらお疲れ様です。カモミールティーは
美味しかったでしょうね。
Commented by tomochi112 at 2012-02-27 23:57
発表会、お疲れ様でした。
長年されていても、やっぱり緊張するのですね~
いきなり唄が止まって困ったでしょう?
これを聞いて、NHKののど自慢を思い出しました。
出場者のお年寄りが、マイペースで歌っているのに演奏者が合わすということが時々あります。
これと似ていない?
tayaさん、凄い!プロみたいよ\(^o^)/
Commented by taya10232005 at 2012-02-28 14:31
cyaaさん、素晴らしいほどの話ではないのですが、マジあせりました。
会場にはすべて民謡を知っている方ばかりではないので、伴奏が途切れないと
そんな唄かと思う人もいます。
主役は唄い手なので、伴奏者はあくまで盛り上げ役です。
だから私が唄うときは、もちろん「わたしは主役!」です(笑)
Commented by taya10232005 at 2012-02-28 14:36
usatyuさん、毎日練習ばかりではないのですが、なんとなくPCの前に座る余裕がなくて・・・
いつもながら発表会の次の日は、ついダラダラとしてしまいます。
Commented by taya10232005 at 2012-02-28 14:44
tomochiさん、そうそう・・・そうなのよ~!
とにかく主役は唄い手、速くなっても遅くなっても合わせていきます。
実はもう一人私の伴奏で唄うはずだった人がインフルエンザで欠席。
6歳の男の子が唄うことになったので、ハプニングがなければいいなと思っていました。
ところが、ところが歌詞も速さも完璧!
私のつたない伴奏まで盛り上げてもらうことに・・・(><)
Commented by miyakeoriibu at 2012-02-28 21:29
発表会でお疲れのことでしょう。
長年されていても、いざとなれば緊張しますね。
>伴奏をやめると唄い手さんの失敗を会場にはっきり知らせてしまうことに・・・<
大変な気遣いですね。うまくいってよかったです。
唄い手さんは喜ばれたことでしょうね。


Commented by sacromonster at 2012-02-28 22:55
おつかれさまでした。発表会が終わり、
さぞかしホットなさいましたでしょうね。
発表会があるからこそ、毎日練習ができるのですね。
矢張り、テストや、発表会はなくては張り合いがなくなりますね。
伴奏も、唄い手さんとの呼吸合わせが大変でしたでしょうね。
事前の合わせもあるのでしょう?
Commented by taya10232005 at 2012-02-29 10:24
miyakeoriibuさん、三味線は6年になります。
やっと最近伴奏をするとき唄い手さんの声が聴ける余裕ができてきました。
まだまだ新米の枠から抜けられそうにありません。
Commented by taya10232005 at 2012-02-29 10:30
sacromonsterさん、おっしゃるとおり発表の場があるから真剣になります。
唄う人と伴奏の人はそれぞれ教室が違うので、発表会当日のあいた時間数分で一度合わすだけです。
唄のリハーサルもあれば少しは安心するんですけどね。
Commented by ikuko at 2012-02-29 14:25 x
今年もやれやれほっ*&充実感ですね!
それにしても、唄が止まるアクシデント、冷や汗ものでしたね。
お疲れ様でした~*
Commented by taya10232005 at 2012-03-01 10:22
ikukoさん、ほんとやれやれほっ!です。
何年か前にも一人唄が止まったことがありましたが、三味線のたて(リード役)を先生がやってくださっていたので
それに合わすだけですみました。
きょうお稽古日なのですが、はたして先生からどんなコメントいただけるかしら・・・?
<< おいしいご飯 ブルッ!寒っ! >>