稲の花見たことありますか~?

8月27日(土)

a0045931_20251518.jpg
 


  今、田んぼでは稲の花が咲いています。

  稲は、自家受粉といって昆虫の力を借りずに自分の雄しべが自分の雌しべに受粉します。

  それもお昼頃までの、たった2時間ほどで終わり雄しべは枯れていきます。

  
          白いのは、受粉が終わってモミの外に出ている雄しべです。

a0045931_2032267.jpg


a0045931_20355219.jpg



          モミが割れて雄しべの受粉が始まっています。
          モミの中の下のほうに雌しべが見えます。 
          受粉が終わると又モミは閉じます。 (写真お借りしました)
a0045931_20401352.jpg



    いつもは、今の時期古米(平成22年産)が安く手に入るのですが、今年は不足しているそうです。

    福島原発事故で、セシウム汚染という言葉を知りました。

    土壌が汚染され、今年の稲は敬遠されるかもしれないとか・・・

    だから、汚染されていない去年のお米が買い占められているようです。


        稲の花が咲いたのを見、成長を見守っている東北、関東のお米の生産者のことを思うと、

        一粒も無駄にはできないと感じてしまいます。

[PR]
by taya10232005 | 2011-08-27 21:09
<< 転ばぬ先の杖 バナナの花 >>